発達障害ちゃんと赤ちゃん

39歳。ADHD診断済み。4歳の息子と猫2匹と暮らす。同い年の夫と別居中。

ADHDの産後⑤ ほどほどができない私が見た育児地獄

私たちは仲良しだった。 出かけるときはいつも手を繋いだ。 タクシーの中でも手を繋いだ。 夫はこれまでに出会ったどんな男性よりも無垢で、聡明で、美しく、なにより私を女体としてではなく人間として大切にしてくれていると感じた。 それは舞い上がるほど…

息子の衝動に救われた日

随分とご無沙汰しておりました。 もう12月ですね。 新居に引っ越してから2カ月弱。 正直、世田谷の家が懐かしく、恋しく思うこともありますが、なんとか元気にやっています。 産後のことを書こうとすると、思い出が辛すぎて体調が悪くなるので、今日の出来事…

産後の記憶 泣き声の幻聴

夜中、赤ちゃんの泣き声が聞こえた気がしてビクンと体が強張り起きる。 耳をすましてみても無音。 幻聴。 もう何百回も幻聴を聞いている気がする。 眠っていてもお風呂でシャワー浴びていても遠くから赤ちゃんの泣き声が聞こえる。 幻の赤ちゃんの泣き声は、…

ADHDの産後④ マタニティーブレーズと産後うつ

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。 私は、実家から新居に戻り、荷ほどきできてないダンボールと息子が散らかすおもちゃで足の踏み場がない部屋に立ち尽くす毎日です。 息子の保育園は慣らし保育で12時にはお迎えだし、布団カバーだのパジャマ入れだのを指…

ADHDの産後③ 夫婦の溝

②の続きです。 産後、里帰りしなかったので夫と2人での育児だったのですが、それは想像していたよりずっとハードで、私は産後うつのような症状で眠れなくなり、眠れないことで更に症状は悪化、酷い焦燥感と息苦しさ、しかし自分がおかしくなっている自覚もな…

ADHDの産後②

ずいぶん前にADHDの産後①という記事を書いたのですが、書いた後に産後の辛い記憶が蘇ってしまい、動悸息切れ不眠があったため、②を書くのを躊躇しておりましたが、今日はなんか暇なので書こうと思います。 実家に帰省しているので、息子は弟とその友達が遊ん…

実家の猫

引っ越し先の新しい保育園への入園が11月からなので、1週間ほど息子と共に実家に帰省することになりました。 実家の家族がハワイ旅行に行っている期間に合わせての帰省です。 父、母、妹、甥が旅行中の実家には、90歳の祖母、自衛官の弟、年寄りの猫がいます…

引っ越し前日の恐怖体験

先日、夫の自己破産により自宅が競売にかけられ、買主の不動産屋からの度重なる嫌がらせに堪え兼ね幼子を連れて住処を追われた私なのですが、引っ越しは無事完了してそれなりに元気にしております。 それにしても、引っ越し先も決まり、この日に鍵をお送りし…

建前と本音

もうすぐ引っ越し。 新しい土地で私と息子は楽しく生活することができるのでしょうか? 引っ越しに関して心配事はいろいろあるのですが、そのひとつとして、私はご近所付き合いが苦手です。 ご近所付き合いって建前だから。 私は建前と本音の区別がつきませ…

優しくされると心が丈夫になるみたい

今日は散々。 連休明けの火曜日をてっきり月曜日だと勘違いして、仕事の打ち合わせ、引越しの見積もり、物件の契約を全て明日だと勘違いして、職場からの電話に顔面蒼白。 そしてその顔も頭も真っ白の状態に追い打ちをかけるように保育園からお迎え要請の電…

前の夫が雨の日に会いに来る

雨が降っています。 すっかり秋ですね。 今日は、前夫が私に会いに職場近くに来る予定です。 前夫はこれまでにも何度かこのブログに書いたことがあると思うのですが、私が大学2年生で付き合い出し、修士課程の時には一緒に暮らし、博士課程の時に結婚して、…

変わっても残るもの

君が変わって、 私は悲しくなる 君が変わって、 私は怖くなる 君が変わって、 私はまた元気がでる 君がどういうふうに変わっても、 いつも面白く見える 先日、早稲田駅前でビッグイシューを買い、仕事の打ち合わせまでの少し空いた時間にカフェでパラパラの…

変わるあなたと私

先日の息子のお誕生日には、夫から山ほどプレゼントが届きました。 アマゾンのダンボールどんどん出てくるプレゼント。 溢れるプレゼントが夫が息子を思う気持ちのようで、なんだか泣いてしまいました。 夫の息子への気持ち。家族への気持ち。 では、私は夫…

息子との過不足ない生活と夫①

台風の接近により風がビュービュー。 仕事を早めに切り上げて保育園にお迎えに行き、お夕飯の支度をする元気もなかったので、息子と定食屋さんに行きました。 私は生姜焼き定食を、息子はお店の方に言って半分の量にしてもらった小さなオムライスを食べまし…

仕事は大変だけど

貧乏なので、先月から定職に就きました。なので最近は大体毎日仕事に行っています。お前、今更何言ってるの?って感じですが、働くって大変ですね。体力も精神力もすごいいる。大変。だって、まず毎朝寝坊しないで起きるのが大変だし、ブラジャー着けて化粧…

他人の不幸と引っ越し

ご無沙汰しております。暑い日が続きますね。さて、夫の自己破産により競売にかけらた自宅が買主の手に渡ることとなりました。とうとう引っ越しです。今後の生活について話し合った結果、引っ越し先は足立区の夫の自宅の近くにすることになりました。自宅が…

日々の生活と変化

ご無沙汰しております。 ブログの更新をずいぶん長い間せずにいました。 このままやめようかなとも思ったのですが、今後は日記のような形で続けていけたらと思います。 2か月ほど前から、約1年間にわたり交流がなかった夫が自宅に来るようになりました。 …

ADHDの産後①

普段は親ばかを絵にかいたような私ですが、ふと、もし妊娠前に自分がADHDだとわかっていたら子どもを産んでいただろうか?と思うことがあります。 子どもを産んだこと、息子と出会えたことに後悔は微塵もないのですが、あの、あの産後の地獄を思い出すと、悩…

息子への愛情など

私は息子が大好きで、彼のすべてが愛おしくたまりません。 その慎重さ、その思慮深さ、その陽気さ、その賢さ、その可憐さ、その自我の強さ、その幼さ… 彼を彼とする要素の一つ一つどれもすべてがユニークで特別で完璧だと思えます。 もちろん、3歳の子ども…

やりたかったこと②

先日、土砂降りの中、息子と一緒に歩いていて歩道を走る自転車を避けた拍子に、したたかに転んでしまい腰を痛めた上にiphoneを水溜りに落としてしまいました。 iphoneは壊れれてしまったし、腰は痛いし、やってられない。 職場にも保育園にも家族にも連絡が…

やりたかったこと①

3歳になった息子は随分と手がかからなくなりました。 オムツが取れたり、着替えができるようになったり、手を引かなくても安全なところを歩けるようになったり、何より心理面情緒面の発達が著しく、周りへの気遣い、正確な未来予測による適切な行動ができる…

雑記 雪が降ると思い出すこと 後編

立春を過ぎてもまだまだ寒い日が続いていますが、皆様、風邪やインフルエンザは大丈夫でしょうか。 私と息子は元気に過ごしております。 昨日、保育園からの帰り道で、 私「なんかいいにおいするね」 息子「・・・カレーだ!」 私「カレーだね。カレー食べた…

雑記 雪が降ると思い出すこと 前編

先日は東京にも雪がざんざか降りました。 雪に興奮した3歳の息子は犬のようにはしゃぎ、積もった雪の中を買ったばかりの長靴で走り、転び、笑っていました。 寒さに頬を真っ赤にして笑う息子、暗い空からどんどん降ってくる雪、積もった雪を照らす街灯、人の…

発達障害者のできること、できないこと

前回の記事にも書いたように私は自分の携帯電話の番号が覚えられません。 他人の誕生日も覚えられた試しがありません。 今日が何月何日なのか、一日に何度もカレンダーを見ないと忘れてしまいます。 これはADHDの特性である短期記憶障害のためです。 電話番…

ADHDの子どもに合った勉強方法

前回の記事では、ADHDの特性により引き出しぐちゃぐちゃ、机は教卓の前指定という絶対的劣等生の私の小学生時代から、家庭教師との出会いによって勉強の楽しさに目覚めた中学生時代のお話をしました。 今回は、私が実践して効果的だった勉強方法について書い…

ADHDと学校の勉強

東京ではしんしんと雪が降っています。今日は、ADHDの私の劣等感と小学生の頃のお話です。携帯電話を持ち始めてから20年以上になるが、私は自分の携帯電話の番号を覚えられたことがありません。 覚えていないと不便なので何度も何度も覚えようとしたけれど、…

発達障害者が住みやすい街

いつもブログを読んで下さりありがとうございます。 書いた端から内容を忘れてしまうので、同じことを何度も書いている可能性もあるのですが、これからもお付き合いいただけるとうれしいです。 年が明けました。 夫の自己破産に伴い自宅が競売にかけられる予…

虐待されたのはなぜか

さて、前前回からの続きです。今日で母の話は一旦おしまいです。母が軽度の知的障碍者だと診断されてから心が軽くなりました。 母は私が憎くて虐待していたわけではない。 まして私に虐待される非があったから虐待されていたわけではない。 そう思えました。…

年齢別 軽度知的障害者の特徴

乳幼児(0歳〜未就学児) 乳児期には心身がみ未発達なこともあり、はっきりとした特徴がわからないこともあります。成長にしたがって以下のような特徴や困りごとが見られるようになる場合が多いです。■身体的な特徴知的障害を引き起こす原因によって身体的特…

軽度知的障害と診断された母② 軽度知的障害の特徴

続きを書くと言いながら、ずいぶんとご無沙汰していました。 主に歯の治療と就職活動をして過ごしておりました。 夫との関係は進展なく、夫の主治医と話すほどに主治医の無能さが明らかになり、今後を思うと暗い気持ちになります。 精神科医ってほんとピンキ…