発達障害ちゃんと赤ちゃん

37歳無職。ADHD。同い年の夫(双極性障害)と2歳3か月の息子と世田谷区に暮らす。わりといつも離婚5秒前。

ADHDの生きづらさ

f:id:unohitomi:20161231041211j:plain


はじめまして。
37歳、はるまきです。
夫と2歳3ヶ月の息子と二頭の猫と世田谷の住宅街に住んでます。

つい最近、思うところがあり、発達障害の検査をメンタルクリニックで受けたらADHDだと診断されました。
グレーとかではなく典型的なADHDだと。

ADHD(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder = AD/HD)は、別名を注意欠陥多動性障害とも呼ばれ、不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性 (順番を待てない・考える前に実行してしまう)の3つの要素がみられる障害のことです。
小さい子どもであればこれらの要素は誰にでも見られるものなので、周囲の人に障害として理解されづらく、ただの乱暴者や親のしつけができていない子などと誤解を受けてしまうケースが多々あります。


ショックはなく、やっぱりね!どうりで生きづらい筈だよね!という感想です。

生きづらさ、私はこれが発達障害に気がつく1番のポイントなのではないかと思います。
なんだか子どもの頃からずっーと生きづらいなあ、なんか普通にできないなあ、と感じていたんです。
でもまあ、なんとか普通にできるんです。だから37歳まで診断されなかった訳ですが。

私の場合は、検査の結果、知的障害はなく、どちらかというとIQの平均値は高い。
でも、できることとできないことにものすごい差がある。
この能力の差が発達障害の特徴らしいのですが、医師が見せてくれたグラフは見事にガタガタでした。
できることはIQ130とか、まあ普通よりよくできる。でもできないことはIQ80なんです。80は日常生活が送れるギリギリのラインだそうです。
この差。
これが生きづらい原因です。

だって、普通の人にはこんな差ないから。学校も社会も差がない普通の人用にいろいろなものが作られているから。
なじめない。
用意してある型にうまくはまれない。
周りと違う自分。
でもどこが違うかよくわからない。
おかしいな?こんなものなのかな?私は落ちこぼれなのかな?
小学校に入学して集団生活が始まってすぐから私は生きづらさを感じていました。
その生きづらい感じは今もまだ続いています。

もし今も生きづらさを感じている方がいて、その理由がわからずに、精神疾患なのか?人格障害なのか?と悩んでいらっしゃるなら、一度、発達障害について調べてみると何か糸口が見つかるかもしれません