発達障害ちゃんと赤ちゃん

37歳無職。ADHD。同い年の夫(双極性障害)と2歳3か月の息子と世田谷区に暮らす。わりといつも離婚5秒前。

女性のADHDの特徴 ①不注意

f:id:unohitomi:20170104011954j:plain


『片づけられない女たち』で一躍有名になった女性のADHD

この記事では、女性のADHDの特徴を記したいと思います。

 

①不注意

 

不注意は男性女性問わず、ADHDの特性として知られています。

では、なぜ不注意が女性の特性として挙げられるか。

それは、医師へのADHDの女性からの「不注意で困っている」とう訴えがたいへん多いからです。

まだまだ、今の日本社会では、女性は結婚すると多くの場合、家事・育児を引き受けなければならないという現状があります。

 

自分のことを思い返してみても、1人暮らしの時にはなんとかできていた、家事も結婚して2人暮らしに間取りが増え、料理を作る量も増え、ゴミも増えで、限られた時間で要領よくこなすことが必要になるのに、その要領よくができないのです。

更に子供が生まれたりなんかすると育児なんて雑用の無間地獄ですからもうお手上げです。

私を含む、多くのADHDの女性は、物事を順序立てて要領よくこなすことが苦手です。

それに加え、書類、お金、時間の管理も苦手。

苦手だから克服しよと計画書を書いてみたり、家計簿をつけてみたりしても三日坊主に終わります。

 

同時に物事を進めることができないのに、目先のものしか見えないから、あれもこれもとやりっぱなし、出しっぱなしで上手くできない。そして自己嫌悪。

自分だけのことならいい。仕事なら辞められる。

でも家庭の家事育児からは逃げなれないのです。

自分が他の人が当たり前にできることをできないことで、愛する家族に迷惑がかかることは本当に悲しくてやりきれないものです。

 

私の場合は、家事だけならなんとかできましたが、息子が生まれて育児がはじまるとダメでした。

家事も育児も余裕のある時間の中で、自分のペースで完璧にやることは出来るし、好きなんです。

でも赤ちゃんがいてはそれは不可能。

 

うちの家庭の場合、互いの実家の援助を受けられず、里帰りもせずに産後すぐから夫婦二人で育児をしていたので全く余裕はありませんでした。

限られた時間の中で、瞬時に優先順位をつけ、やるべきことを要領よくこなす。

この能力が育児には不可欠です。

あとは、体力さえあればなんとでもなる気がします。

 

でもこれがADHDの私にはできなかった。

 

どして?どうして?どうして?と毎日自問していました。

だって、息子は大好きなんですもの。

大好きな息子には、泣いてほしくない、不自由な思いもしてほしくない、よりよい環境ですくすく成長してほしい。

なのに育児がうまくこなせない。

いつだっていっぱいいっぱいでイライラしている。

こんな母親じゃだめだ、だめだ、だめだと苦しかった。

 

特に私は結婚前まで働いていた専門職の職場では、ADHDの特性で苦労することはなく、仕事ができる人という評価を周りから受けていました。

だからある程度自分に自信があったのです。

 

なのに、育児が始まってからは一転、何もかも上手くできない。

夫に八つ当たりすることも増えました。

あの時は、自分がADHDなんて思いもしなかったですが、もしもっと早い段階で自分の特性を知り、治療できていたら、夫との関係も変わっていたのではなかなあと思ってしまいます。