発達障害ちゃんと赤ちゃん

37歳無職。ADHD。同い年の夫(双極性障害)と2歳3か月の息子と世田谷区に暮らす。わりといつも離婚5秒前。

女性のADHDの特徴 ②自尊心・自己評価が低い

f:id:unohitomi:20170104012148j:plain

女性のADHDの特徴の2つ目は、自尊心・自己評価が低いことです。

 

これまでの記事にも書いていますが、私もやはり自尊心・自己評価が低いです。

本気で自分のことを誰よりもだめだし、見た目も中身も悪い粗悪品、一生まともになれない欠陥人間だと思っています。

人に言うと驚かれるので、滅多には口に出しませんが、常に劣等感でいっぱいです。

 

他人からみたら私は普通に恵まれているように見えると思います。

比較的裕福な家庭に生まれ、国立大学の大学院を修了。

学内の女子学生の憧れであった大学教授と結婚し、何不自由ない裕福な結婚生活を送る。国立市に家を建ててもらう。

好きな研究だけしてれば褒められる職に就く。それなりの研究実績を上げ、評価される。

すぐに離婚するも、離婚後は司書になり安定した公務員生活を送る。

そして縁があって官僚と婚約し、また何不自由ない裕福で華やかな生活を送る。代官山にマンションを買ってもらう。

婚約破棄後、今の夫と出会い、仕事を辞めて、やはり裕福な生活を送る。すぐに息子にも恵まれて、世田谷に家を建ててもらう。

 

たぶん、恵まれていますよね。少なくとも経済的には。

まあ、それ以上に波乱万丈感が強いですが。

ちなみに最初の結婚から夫と結婚して息子を妊娠すまでは、わずか7年の間の出来事です。

安穏と生きたいと思いながら、盛りだくさん。

 

しかしそれでも傍から見たら満たされた世田谷マダムの私。

でも中身は劣等感でいっぱい。

 

ではなぜ、ADHDの女性は自尊心・自己評価が低い傾向にあるのでしょうか?

 

②自尊心・自己評価が低い

多くのADHDの研究者が口をそろえて、ADHDの女性患者が「自分は

無責任でだらしなく、エネルギーのすべてを使い果たさないと家事や雑用ができない能力のない女だ」と思い、強い劣等感と無気力感を抱いていると指摘しています。

そして、低い自尊心のために自分の殻に閉じこもり、人付き合いを極力避けて生活する人も少なくないそうです。

やはり、女なのに家事ができないって、世間的にかなりのマイナスポイントなんですよね。いまだに。

 

小学校の時なんかでも、男子は多少、机の中が汚くても、ロッカーの中にぐしゃぐしゃに丸めたプリントがあっても、周りから受け入れられけれど、同じことを女子がしていたら、引かれました。特に同性から。

 

私が大学教授や官僚、大企業の管理職(夫)と結婚したのも、たぶん、自己評価が低いせいだと思います。

自分に自信がないから、世間的に評価が高い、社会的地位の高い男性に認められるとホイホイついて行ってしまう。

彼らは私の内面に惹かれたわけではなく、私の劣等感由来の従順さ、若い女性(私でなくてもよい)の性的な魅力、世間的にパートナーがいる人間として認められたい、というような理由で私と結婚したのだと思います。

少なくとも大学教授と官僚はそうでした。

 

夫はどうだろう。

これまでとは、違うと思ってまだ一緒にいるけれど、自分の目が節穴過ぎてわからない。

私は自分のことを自分でとても嫌いだから、きっと私のことをうんと好きな人がいてもわからない。

きっと私はこれまで付き合ったり、結婚したりした男の人たちみんなのこと、全然好きではなかったと思います。

誰のことも愛したことがないのは、自尊心が低いゆえでしょうか。