発達障害ちゃんと赤ちゃん

37歳無職。ADHD。同い年の夫(双極性障害)と2歳3か月の息子と世田谷区に暮らす。わりといつも離婚5秒前。

ADHDの人が職場に適応するための工夫Ⅱ

前回から引き続き、ADHDの人が職場に適応するための工夫を記していきたいと思います。

ADHD当事者としては、そんな気配りや、計画ができるなら、そもそもADHDで苦労してないわ!と思う項目もいくつかありますが、あくまで専門家のアドバイスなので、なにかしらのご参考になれば幸いです。

 

④時間の管理ができない

A.行動する前に考える習慣をつける。あらかじめ綿密な計画を立ててそれに沿って仕事を進める。

(これは、このアドバイスは、私には無理です。行動する前に考える習慣?いやいや、気づいたらもう身体が動いてるんですよ。そしてその時々で興味関心が移ろうし、自分の興味あることでしか行動に移さないから習慣づけはとても難しいです。)

 

B.時間に余裕をもったスケジュールを心掛ける。

 

C.その日一日のスケジュール表をそばに置いて、時々見直して、修正しながら行動する。

 

D.仕事を依頼されたら、その仕事を完成させる具体的な月日を決める。

 

E.遅刻しないように5分前にタイマーをセットする。

(私の場合はそもそもタイマーをセットすることが面倒だし、忘れてしまうのでこのアドバイスは役に立ちません。私が遅刻対策として行っていた方法は、遅刻しそうにになったら化粧しないで行く、遅刻しそうになったらタクシーに乗る、朝、職場に行くのが楽しみになるように職場の人に漫画を借りるです。ノーメイク出勤やタクシー出勤は数え切れませんが、遅刻はしたことありません。)

 

F.仕事を受ける前にスケジュール表を見て、自分の予定を確認する習慣をつける。安請け合いして後悔しないために。

 

⑤仕事の先延ばし傾向

A.先延ばし傾向が頻繁に起こって、期限に間に合わないことが多い場合は、興味のある職種への変更を検討した方がよい。

(自分に興味のないこと、したくないことほど先延ばしにしてしまいます。ああ、やりたくないなあ。あ、先にこれしよう!で、やること自体忘れてしまったりします。そして期限ぎりぎりに気が付いて真っ青ということがこれまでに何度もありました。やり始めると早いので、周りにはサボっていたという印象を与えてしまします。)

 

B.締め切りを決めてくれるように上司や依頼者に頼む。「君のできる時でいいよ」と言われるのは、ADHD者にとっては、「永久にできないことと」同じ意味である。

 

C.退屈な仕事をしなくてはいけないときは、完成した時に自分へささやかなご褒美をあげる。

 

⑥低いストレス耐性

A.かんしゃくを起こす前にその場から立ち去る。

(私は職場のお手洗いでストレッチしたり、地下の書庫へ行って未整理の資料を整理したりして、静かな場所で一人になれる時間を確保していました。)

 

B.できるだけプレッシャーの多い職場での仕事は避ける。

 

C.自分がリラックスできる方法を探し、実行する。深呼吸や瞑想など。

 

D.自分だけの時間と作業場を持ち、自由にできる仕事を探す。

(これはなかなか難しそうですが、結局はこれが一番ストレスを感じないんですよね。だから実力を発揮できるし、評価もされる。私も今の在宅のアルバイトはこれに当てはまります)

 

 次回は、⑦職場での対人葛藤、⑧記憶障害・忘れっぽい、です。

 

昨日、Twitterでブログを始めましたとお知らせしてから、とても多くの方にこのブログを読んでいただいております。

大変うれしいことなのですが、覚え書きのつもりで始めたブログなので見苦しい点も多いと思います。

誤字脱字、文字の大きさの統一等、徐々に改善していくつもりですので、どうかご容赦ください。