発達障害ちゃんと赤ちゃん

37歳無職。ADHD。同い年の夫(双極性障害)と2歳3か月の息子と世田谷区に暮らす。わりといつも離婚5秒前。

発達障害の感覚異常

f:id:unohitomi:20170107212049j:plain

ADHDの特性の一つに感覚異常というものがあります。

これは、アスペルガー症候群など他の発達障害にもみられる特性です。

 

発達障害の感覚異常

 

聴覚:
騒音やサイレン、風船の割れる音などが苦痛です。また、音のうるさい場所で会話するときに、相手の話に注意しにくい「選択的注意」の問題もあります。

 

視覚:
視覚に入るものすべてが目に飛び込んでくるので、対象物と背景を見分けることが困難です。そのせいで探しものがなかなか見つからなかったりします。また、光がとても眩しく感じます。

 

嗅覚:
体臭やタバコ、化粧品、芳香剤、排気ガスなどの匂いが耐え難く感じます。

 

触覚:
ごわごわしたものやチクチクしたもの、きついものを着られません。体に触られるのを嫌がり、触られただけで強く叩かれたように感じるなど、気分が悪くなるほど不快に感じる人もいます。

 

味覚:
いろいろな食材を使った料理が苦手で偏食になりがちです。

 

そのほか:
怪我をしても痛みを感じない、疲れていても疲れを感じない、暑さや寒さを感じない、などの感覚異常があります。睡眠不足やストレスなどの蓄積にも気づかないので、心身症うつ病にもなりやすくなります。

こうした感覚異常は、脳のフィルターが十分機能していないことによると考えられています。定型発達者は、刺激を受けたとき、脳のフィルター機能によって、必要な情報だけをふるい分けて取り入れますが、ASDの人は、それがうまくいかないようです。

 

※参考文献

『図解 よくわかる大人の発達障害』著 中山和彦

 

私の感覚異常対応法

 

この感覚異常の感じ方には非常に個人差があります。

私の場合は、聴覚過敏と触覚過敏が顕著です。

聴覚過敏は大きな音というよりは、急に鳴る音が苦手です。

インターホンは消音で宅配ボックスに入れてもらう、iphoneの着信音はなしで折り返し連絡する、電子レンジや洗濯機の仕上がり音も耳障りなのでなるべく鳴る前にキャンセルボタンを押したりします。

 

触覚過敏は、まずブラージャーが苦痛なのでめった着けません。ほとんど自宅にいる今の生活では問題ないので助かっています。

外で働いていた時は、アメリカンアパレルのうすーいパッドもワイヤーもない下着やカルバンクラインのコットンの下着を着けていました。ワコールやトリンプの下着は苦しくてとても着けていられないのです。

洋服も化繊のものが苦手で、持っている洋服のほとんどはコットンかシルク、ウールの身体を締め付けないものです。

 

触覚過敏で一番困るのがお化粧です。

私は37歳、出産育児を経て一気に老化が進んだ顔は、まるで使い古した雑巾です。

精神衛生上も化粧はしておきたいところ。

しかし、触覚過敏のため顔に何かつけるのはあまり好きではありません。

なのでできるだけ付けている感じのしない化粧品、しかし老婆のような肌をしっかりと生き返らせてくれる化粧品を厳選して使っています。

私が使ってよかったものを少し紹介します。

発達障害の方や、お化粧はしたいけれど化粧品の感触が苦手な方の参考になればと思います。

 

・化粧下地

ナチュラグラッセ カラーコントロールピュレ バイオレット

ミネラル成分でできているので石鹸で落とせ肌への負担も軽いです。なにより肌のくすみをラベンダー色が飛ばしてくれるので透明感が出ます。

顔に疲れが出ている人に一押しです。

 

・ファンデーション

 エトヴォス シルクミネラルファンデーション

こちらもミネラルファンデーションなので軽い着け心地で石鹸で落とせます。カバー力もあるので肌がきれいに見えます。

 

・ポイントメイク

ポイントメイクはアクア・アクアの化粧品がオーガニックコスメでつけてる感があまりなくておすすめです。発色も優しくて使いやすいしなにより、ナチュラルローソンで買えるので便利です。