発達障害ちゃんと赤ちゃん

39歳。ADHD診断済み。3歳の息子と猫2匹と暮らす。同い年の夫と別居中。

ADHDの産後④ マタニティーブレーズと産後うつ

f:id:unohitomi:20181101220439j:image

 

 皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

私は、実家から新居に戻り、荷ほどきできてないダンボールと息子が散らかすおもちゃで足の踏み場がない部屋に立ち尽くす毎日です。

息子の保育園は慣らし保育で12時にはお迎えだし、布団カバーだのパジャマ入れだのを指定のサイズ通りに作らないといけないし、仕事の依頼はどんどん来るし、ネットもテレビも接続してないし、息子は私の側を片時も離れずに喋り続けるし、猫もずっとついてくるし。

一体全体何から手をつければよいのやらと、新居から見えるスカイツリーをぼんやり眺めます。

 

そんな慌ただしい毎日ですが、③の続きです。

まだ続きます。長い。

 

不眠と焦燥の産後うつ状態になった私と狂った私に戸惑いながらも責任感から仕事を調整し、育児の主力になろうと努力する夫。

そんな夫に対して、私の育児が気に入らないの?私がおかしいっていうの?お前に何ができるの?と敵意をむき出しにする私。

膠着状態。

一触即発。

 

なんでこんなことに。

あな恐ろしや産後うつ

 

そもそも産後うつとは?

産後うつについて調べた記憶が残っているので、簡単にまとめてみました。

 

産後うつ
・正式な医学的定義はないが、産後2,3週~6か月ぐらいの頃に発症することが多い。ひどく憂鬱な気分になったり、興味や喜びを感じないような状態になる。一般のうつに比べて不安や焦燥感が強くなる特徴があり、症状が多彩で重症になりやすい。一般女性と比べて出現率が10~15%と高い。
・産後3~10日以内に始まるマタニティーブルーズは2週間以内に自然に収まる。
・周産期メンタルヘルスには妊娠中のうつやマタニティーブルーズ、産後うつ、産褥精神病、周産期の神経症障害、既往の精神障害の再発と憎悪、死産や中絶後の悲哀反応などが含まれる。

 

上にあるマタニティーブレーズと産後うつは区別されているようです。

 

マタニティーブレーズも覚えがあります。

これは、産後の急激なホルモンバランスの変化によるものなのですが、私の場合は、産後翌朝に窓の外の景色がキラキラキラキラ輝いて見え、その時に聴いた音楽があり得ないくらい素晴らしく聴こえました。

比喩や誇張でなく、本当に視界がキラキラし、音楽は一音一音がくっきりしてメロディーが全身を包み込むように身体に染みたのです。

世界がぐんぐん自分に迫ってくる。

世界がキラキラぐるぐるしてる。

すごい楽しい気持ち。

楽しい。

楽しい。

何だこれ。

ふふふふふ、すごいいい気分。

世界は素晴らしい。

 

子どもを産んだことに感動したからかな?とも思いましたが、特に私の赤ちゃん!命!素晴らしい!とか全然思わなかったですし、出産自体も、ああ、やっと終わったという感じだったので、私の心理作用によって視界が輝いたり、音が際立ったのではなく、ホルモンバランスの変化によって脳が興奮状態にあり、瞳孔が開いていたのだと思います。

マジックマッシュルームダチュラでトリップした人の体験記に書いてあったキマり方ととてもよく似ていたので、私は今ラリってるんだ!と思いました。

 

そしてその日の夕方。

こんどは、さみしい。

隣のベッドの産婦が乳が張ったと痛い痛いと看護師に訴えている。

早くなんとかしてやってくれ、痛いのは嫌だと枕に顔を埋めて泣いた。泣きながら不思議だった。

何だこれ?

どんどん涙が出てくる。

外が暗くなってくるのが耐えられない。

暗い、怖い、さみしい。

夫が仕事帰りにお見舞いに来た。嬉しいけれど、帰る時が耐えられない。

面会時間が終わっで「帰らないで」と困らせた。

産院の玄関まで夫を送り、別れる時にはメソメソと泣いた。明日も来るのに。

 

結局、私のマタニティーブレーズはその日一日限りで、次の日からは普通に元気だったわけだけど、その日にみた、窓の外のキラキラの景色、イヤホンで聴いた瞬間に全身を駆け巡って鳥肌が立った東京事変の音楽、夫の着ていた服、持っていたカバン、抱きしめられた時の匂い、泣きながら乗ったエレベーターの扉の色、全部今もはっきりと覚えている。

あれは、面白い体験だった。

 

さて、在宅勤務にしてくれた夫と協力しての育児は、もちろん、とてもたすかりましたが、良いことばかりでなく、夫から滲み出る僕は手伝っているという意識が私を追い詰めるわけです。

いやはや。

 

重く暗いお話なので、次にします。

⑤に続きます。