全然大丈夫じゃないけど美しい日々

何度絶望しても世界は美しいから私は生きる。

産後 育児

ADHDの産後⑤ ほどほどができない私が見た育児地獄

私たちは仲良しだった。 出かけるときはいつも手を繋いだ。 タクシーの中でも手を繋いだ。 夫はこれまでに出会ったどんな男性よりも無垢で、聡明で、美しく、なにより私を女体としてではなく人間として大切にしてくれていると感じた。 それは舞い上がるほど…