全然大丈夫じゃないけど美しい日々

何度絶望しても世界は美しいから私は生きる。

サイコパス

f:id:unohitomi:20190928023312j:image

母子2人くらしなので、息子が眠ってからの時間はとても静か。

穴の空いたズボンに手芸屋さんで買ったワッペンをつけたり、魚焼きグリルを洗ったり、保育園に出すアレルギーチェック表を記入したりとやるべきことは沢山あるし、さっさとやって早く寝ないと明日の朝眠いのに、すぐにしない。

キッチンをざっと片付けて、後はソファでぼんやりする。いつもそう。

1日のうちごく僅かしかない仕事も育児も家事もしない自分の時間は放心から始まる。

冷たい牛乳をごくごく飲む。

窓を開けて、秋の匂いを部屋に入れる。

音楽を小さなボリュームでかける。ブラームスが部屋に充満するとようやく人心地ついて、さて、という気持ちになる。

放心するのは多分、母親から自分に戻るからなんだと思う。

素の自分、ありのままの自分が戻ってくるまでに時間がかかる。

アーモンドチョコレートをつまむ。

これから仕事するし、頭を使うし、糖分が必要、と誰にも責められないのに頭の中で言い訳しながら。

 

アーモンドチョコレートよく夫がコンビニで買ってくれたな。

優しい人なのかもしれない。

優しいってなんだろう。

チョコレートを買ってくれること?

わからない。

夫は自分のことをサイコパスだと言うけど、シリアルキラーにでもならない限りサイコパスでもなんでもよくないのかな。

別になんでも。

そんなのそれならそう生きるしかないし。

またこういうこと言うと無神経だと思われるんだろうな。私は無神経というより他人の心がどうでもいい。他人に全く興味がない。

夫は大事だから傷つけたくないから、普通の人が言うようなことしか言わないように意識して喋る。

息子にもそう。

自分とは違う、母親として妻として正解の人格に喋らせる。

私は口を動かしてるだけ。

私の方がよほどサイコパスだな。

 

夫が風俗に行っていることがわかった時、冷蔵庫の開けたら人間の肉が入っていたような衝撃があった。

あ、食べる人なんだ。と思った。例えだけど。

とにかく、女の性を消費することに抵抗がない人に自分の女としての性をかけた出産を見られたことがショックだった。

お前は人間の肉を食べる側の人間なのになんで、こっちに来て私の命がの妊娠出産をあたかも理解しているように振る舞った?

いつもお前が消費している女の性だよ。

金で買ってしている擬似性行為だって、生殖行為でしょう?命を産む行為をお前は性欲で消費してきたのでしょう?

よくもまあ、出産育児の理解者、協力的な夫という顔して私の前に存在できたよね?

汚い。

ずっとそっち側にいろよ。何、まともなフリして子ども産ませてんだよ。

死ぬまで金払ってしてろよ。

浮気なら良かったよ。

全然いいよ。

浮気もできないもんね。女の人怖いもんね。

金払って汚いおっさんが若い女の子に何をしてもらったの?

今から呼んであげるから目の前でしてみなよ。

電話して?早く。

それか死ぬ?

選ばせてあげてるでしょう?

早く決めて?

頭がいいんでしょう?

答えて。

顔上げろ。

謝るな。

 

結局、風俗通いは双極性障害の症状のひとつだという医者の言葉を信じることになり、医者の言った通り服薬後は行かなくなった。

 

浮気なら良かったと心から思って、あれ?私は夫に浮気されてもいいのかと驚いた。

自分の女性性を、出産育児を、かわいい息子を汚されたようで、もうそれが許せず、お金さえ介在してなければと泣いた。

怖いことに、これも私、夫のこと全然みえてなくて、

夫ではなく、女性性を消費する男性に対する怒りを夫にぶつけてるだけなんですよね。

夫はただの人柱で、私が常々不快に思っていた性を消費しながら、家庭も持つという男性への不満が堰を切って溢れた感じで、なんというか、私にとって夫とは?というか他人とは?と夫を散々詰った後に悶々としたものです。

サイコパスで思い出したので。

 

今は、夫が女性性を消費するための性として捉えてないことがわかり、嫌悪感もなくなりました。

生まれたばかりの息子への性病感染のリスクなどを考慮せずに性欲に支配されていたことがあまりに愚かであること、私に隠れてコソコソ予約して金を払ってとしていたことを考えるとあまりに無様で情けないこと、の2点で夫への感情はもちろん変化しましたし、もう戻らないと思います。でもまあそんなに変わらずかな。もともと情けないところとか弱いところに惹かれたので。

終わってしまえば、やや面白かったな(主に夜の世界の人とのやり取りとかストーカーになった風俗嬢とのやり取りが)くらいの感想です。

前の夫との愛憎劇を思えば、可愛らしいおとぎ話。

夫は大事。健やかにと思う。

やっぱり私の方がサイコパスぽい。